現在位置: ホーム / 小児外科医を目指す方へ / 先輩からのアドバイス / 先輩からのアドバイス

先輩からのアドバイス

 医学は実学であり,診療は実務である.医学部では病気の本態を学び,卒後研修では治療の実際を習得する.君が何科を選ぼうと,その目標は「単独で診療のできる医師」になることだ.医学が実学たる所以である.研修を終えると,君は学んだ知験を駆使して患者の診療にあたる.これは実務以外の何ものでもない.医師の仕事を一口で述べてみよと問われて,わたしにこれ以上の答えはない.
 君も承知のように,万人に一番大事なものは命だ.その大切な命を手中に預かり,その行く末を左右する医師の仕事は,モノや時間や技を売買するのとはワケが違う.
 一本の血管,一滴の薬剤の扱い次第で,命は簡単に失われる.君の生涯で唯一つの間違いであったとしても言い訳無用.間違った君は絶望の淵をさ迷うことになる.医師とはこれほどに恐ろしい職業なのだ.
 だが,一方,鍛えた技,貯えた知験によって失われつつある命を生の側に引き戻したときの誇らしさ,喜び,充実感に勝るものはない.その感動の大きさは他に比べるものが無い.それゆえに,今日も難病,難手術に人間業の限界を超えて挑む勇気が湧いてくるのだ.
 小児外科医のターゲットは先天性外科疾患である.君の知験と手技のお陰で取り戻した小さな命がこれからの70年か80年を生きていく.想像してみたまえ.君が救った小さな命は,大科学者になってノーベル賞を受賞するものもあろう.プロ野球の花形選手になるかもしれない.君と同じ小児外科医をめざすものもいるだろう.
 人は皆一生を一度しか生きられない.君の一度だけの人生を,小児外科医になって次の世代の命を救う仕事に使ってみないか.小児外科医でなくて,これほどのやり甲斐を実感できる仕事はない.

木村 健(きむら・けん)

1963年 神戸大学医学部卒業
1964年 米国海軍病院インターン修了 神戸大学第二外科入局
1970年 兵庫県立こども病院外科赴任
1973年 ボストンフローテング病院小児外科チーフレジデント修了
1974年 兵庫県立こども病院外科部長
1976年 医学博士(神戸大学)
1986年 NYシュナイダー小児病院外科
1987年 アイオワ大学医学部外科準教授
1990年 アイオワ大学医学部外科教授
1992年 アイオワ大学病院小児外科部長
2001年 アイオワ大学医学部名誉教授米国外科学会正会員(FACS)1997

American Surgical Association正会員1996
米国小児外科学会正会員1992
米国小児医学アカデミー正会員(FAAP)1991
カナダ小児外科学会名誉会員1983
英国小児外科学会正会員1978
アジア小児外科学会理事長1984-88
太平洋小児外科学会理事1981-83

先天性十二指腸閉鎖に対するダイアモンド型吻合手術,先天性気管狭窄症に対する肋軟骨グラフト根治術,全結腸無神経節症に対する結腸パッチ手術,遊離腸管を用いた腸管延長術,食道閉塞症における胸壁外食道延長術等を開発