現在位置: ホーム / 小児外科医を目指す方へ / 小児外科医のライフスタイル / 29歳女性(卒後5年目)

29歳女性(卒後5年目)

初期研修終了後の2年間、一般外科で基本的な知識や技術を学び、平成25年春より小児外科医としての研修が始まりました。学生の時から外科に興味があり、特に病院実習後は小児外科医になろうと決めていましたので、スタート地点に立ててうれしい気持ちでいっぱいです。実際の勤務としては、毎朝8時15分からの集中治療科をはじめとした複数の科によるICUの合同カンファレンスから始まります。その後に小児外科チームで病棟の回診をし、上級医と治療方針の決定・確認を行い、チーム全体で情報を共有しながら患者さんの治療にあたります。手術日は担当の症例はもちろん、時間が許せば病棟仕事と平行しながら手術を見学しています。よほど長時間の手術がなければ夕方には手術が終了し、夕方のICUカンファレンスと、病棟をラウンドしながら上級医への一日の報告を行います。手術日以外では日中に検査や病棟処置を行います。一般外科と違い、入院患者さんの数自体は多くないため、日中に患児と接する時間や勉強する時間を十分に取れることが多いです。

私は結婚して4年目になり、現在外科医の夫と一緒に暮らしています。出勤時間が違うため、朝食を一緒にとることはありませんが、仕事が終わると連絡を取り合い、帰宅時間をあわせて夕食を一緒に食べるように心がけています。帰宅時間の遅い方にあわせて医局で勉強をしたり、時には早めに帰って夕食を作ったりといった生活です。共働きのため当直の日程も可能な限りすりあわせ、仕事以外の家庭の時間も大事にしています。

もちろん通常の予定とは異なり、小児外科では緊急手術や処置などが必要となることも多々あります。その場合は深夜まで帰宅できなかったり、休日出勤となることもあります。一時的に忙しくなりますが、緊急手術となるような症例や新生児症例では学ぶことも多く、集中して研修に励むよう心がけています。夫婦二人ともこういった緊急対応が必要となることがありますから、互いの仕事内容については十分に理解し、家事を分担するなど支えあうようにしています。普段は仕事と同様に家庭生活も両立できるように心がけ、緊急時には集中して働くといったメリハリのある充実した研修生活を送っています。