現在位置: ホーム / 一般の皆様へ / 小児外科で治療する病気 / 循環器 / 動脈管開存症

動脈管開存症

 動脈管とは,赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時に,肺動脈から大動脈への抜け道になっている血管のことをいいます.赤ちゃんが生まれてから肺で呼吸をしはじめると,この抜け道は必要がなくなり,生後2~3週までに完全に閉じてしまいます.この動脈管が自然に閉じずに残っているものを動脈管開存症といいます(図).この病気はもっとも多い先天性心疾患のひとつで,全体の5~10%を占めています.動脈管開存症では,全身に流れるべき血液の一部が大動脈から肺動脈へ流れるために,肺や心臓(左心房・左心室)に負担がかかります.動脈管が太く開いているほど流れる血液の量が多くなり,その負担は大きくなります.

PDA.gif

症状
 非常に小さい体重で生まれた赤ちゃんにとって,大きな動脈管は肺や心臓に大きな負担となり,“呼吸が荒く回数が多い”,“ミルクの飲みがわるい”,“ミルクを飲むが体重が増えない”,“汗をたくさんかく”,“機嫌が悪く元気がない”などの心不全症状がみられる場合には,早期に治療を必要とする場合があります.ふつうの体重で生まれた赤ちゃんでも,動脈管が太く,肺や心臓に大きな負担をかけて心不全症状がみられる場合にも早期の治療が必要となります.しかし何の症状もなく過ごし,たまたま健診などで心雑音に気付かれ,検査によって見つかる場合もあります.

診断
 心雑音が特徴的で,健診で見つかる場合も少なくありません.診断は心エコー検査で可能です.胸部レントゲンや心電図から,動脈管が太く,負担が大きいかどうかの判断をすることができます.治療方法を選択するために心臓カテ-テル検査を行う場合があります.

治療
 小さい体重で生まれた赤ちゃんで心不全症状がみられる場合には,まず動脈管が閉じるのを促すために,プロスタグランジン合成阻害薬(インドメサシン)を投与します.これが無効の場合に手術により動脈管を閉じる方法が選択されます.生後2週以降の赤ちゃんでは手術を選択されることが一般的です.幼児期以降では,カテーテルを使用し血管の中からコイル(バネのかたちをした閉鎖器具)などを用いて閉じる方法と手術のいずれかが選択されます.しかしカテーテルを用いる治療は,動脈管の形によってはできないこともあります.