現在位置: ホーム / 一般の皆様へ / 小児外科で治療する病気 / 消化管 / 異物の誤嚥・誤飲

異物の誤嚥・誤飲

 はいはいを始めたばかりの赤ちゃんから,2~3歳までの幼児は目にするものすべてが珍しく,口に入れてその性質を知ろうとします.このため,とんでもない 物を飲み込んだり,吸い込んだりしてしまいます.硬貨,マチ針,プラスチックの小物,ピンなどがよく誤飲されます.硬貨など鋭い縁がないものは待っていれ ば数日のうちに便と一緒に排出されます.しかし、食道の途中に引っかかっているときは,食道の壁に孔が開く( 穿孔 )ことがあるので,早めに取り出さなけれぱなりません.針やくぎなどのとがった物は,胃や腸の壁を傷つけることがあるので,すぐに医師に相談してください.胃の中にあれば,取り出す手段はいろいろあります.

 新しいアルカリ電池は胃の中にあると放電がおこり,胃液に含まれている塩酸の作用で包んでいる金属が破れて強アルカリの中身が出てきて胃の粘膜を損傷し, ひどい場合は孔をあけることがあり大変危険です.しかし,使い古して放電してしまっている電池はこのような危険はありません.胃の中にあれば強力な磁石で 取り出せることもあります. リチウム電池 は放電によってアルカリ性の液ができるため,短時間のうちに消化管の粘膜を傷つけます.アルカリ電池よりも危険なため,急いでとり出す必要があります.

 ピーナツや豆類を気管の中に吸い込んだときも危険です.豆類は気管支の中で水分を吸収して大きくなり,気管支をふさいでしまいます.そのうえ,ピーナツに 含まれている油成分が肺を刺激して肺炎を起こすといわれており,早急に取り出す必要があります.このときは麻酔をかけながら気管の中で操作ができる特殊な 気管支鏡が必要です.豆類を食べている時に転んだりしてびっくりした時に吸い込むことが多いようです.食べながら遊ぶ習慣をつけないよう注意して下さい.

 たばこは食べにくく,たばこそのものを大量に飲み込むことはほとんどありません.危険なのは,吸いがらを浸した水を飲むことで,ニコチンが溶け込んでいる ので,このときは緊急に胃洗浄などの処置が必要になります.一番いいのはこどもの周囲にたばこを置かないことで,お母さんは妊娠がわかったら禁煙しましょ う.お父さんも妊娠がわかったら禁煙を考えてください.少なくともこどもが産まれたらこどもと同じ部屋ではたばこはやめましょう.たばこの害は誤飲だけで はありません.

 こどもがはいはいを始めたら,こどもの口に入りそうなもの,こどもが興味を示しそうなものは手の届かないところに片づける手間を惜しまないようにしてください.