膀胱尿管逆流症

1,膀胱尿管逆流症とは
腎臓で作られた尿は尿管を通って膀胱に貯められますが,尿管と膀胱のつなぎ目(接合部)の異常のため膀胱に貯まった尿が再び尿管さらには腎臓に逆戻りする 現象を膀胱尿管逆流と呼びます.人の場合には新生児でも膀胱尿管逆流が見つかれば,これは病的と考えられています.

VUR.jpg

2,膀胱尿管逆流の原因
尿管と膀胱の接合部が生まれつき(先天的)弱く,逆流を防止する「弁」の働きがない場合と,膀胱や尿道の異常のため尿管膀胱接合部が二次的に弱くなり逆流 が発生する場合とに分けられています.しかし,この2つの原因がはっきりと分けられない場合も珍しくはありません.

3,膀胱尿管逆流症の発見のきっかけ
最も多いのは尿路感染症と言って尿の通り道や腎臓に細菌が入り込んで起きる症状で,腎臓に細菌感染が起これば高熱や側腹部・背部痛が見られます(急性腎盂 腎炎).子供が小さなときには高熱の他に下痢や嘔吐,不機嫌といった,一見腎臓とは関係のない症状を伴うこともあります.年長児では高熱を出す前に,排尿 時痛や頻尿といった膀胱炎症状が見られることもあります.風邪の症状がないのに何回も高熱を繰り返す場合には,尿に異常がないかを小児科の先生に相談して みて下さい.尿路感染症以外には,排尿が自立できる4~5歳を越えても昼間に尿もらしが続いたり,尿回数が多かったり,あるいは尿回数が異常に少ないと いった排尿異常の子供にも,検査をすれば逆流症が見つかることがあります.また,学校検尿で蛋白尿を指摘され,精査を加えるとすでに進行した腎障害を伴う 逆流症が発見されることもあります.
最近では妊娠中に産科で行われる超音波検査や,新生児・乳児に対する超音波検査で腎臓の腫れ(水腎症)が見つけられ,その後の検査で本疾患と診断がつけられることも珍しくはなくなりました.

4,膀胱尿管逆流症の治療
どのような治療をいつ行うかについては,子供の年齢と性別(男女),逆流の程度,腎臓の傷の有無,尿路感染症の頻度と程度などを総合的に考えて判断することになります.専門の先生と相談されることをお勧めします.
治療は尿路感染予防のため少量の抗生物質あるいは抗菌薬を継続的に服用する方法と,逆流そのものを手術で止める方法とに分かれます.手術治療はおなかを切 開して行う方法と,内視鏡を用いる方法とがあります.

5,膀胱尿管逆流症による長期的な合併症
膀胱尿管逆流のために腎機能が低下し, 腎不全 に陥ることがあります.腎不全は生まれた直後からすでに始まっていることもありますが,身体成長が著しくなる思春期に明らかになることがあります.もう1 つの合併症に高血圧があり,これは日本人には頻度は少ないのですが,やはり思春期前後から明らかになることがあります.いずれも腎臓の発育が両側とも悪 かったり,腎臓に傷がついていることが原因と考えられており,このような腎臓病変をもつ子供さんでは注意が必要です.