胆石

 成人の胆石症は頻度の高い病気ですが,小児ではまれな病気です.原因としては,溶血性貧血,遺伝性球状赤血球症,胆嚢 炎(細菌感染,ビールス感染,寄生虫)などがありますが,原因のわからない場合も多くあります.長期高カロリー輸液により胆汁の流れが悪くなって,胆石が 発生する場合があります.
 症状として腹痛,嘔吐,黄疸,発熱などです.診断は,石灰化がある場合は腹部超音波検査で容易につきますが,CTによる精査が胆嚢炎の有無や肝内結石,総 胆管結石などの発見にも有用です.小児では胆嚢造影が行いにくく,MRを用いて胆管や膵管の構造を描出するMRCPを併用することもあります.
 治療は,胆嚢摘出術を行います.胆嚢を切除するにあたり従来どおり直接,おなかを開けて胆嚢を切除する場合と,腹腔鏡下手術でおなかの中を観察しながら胆 嚢を切除する方法があり,重篤な胆嚢炎を併発していたりして胆嚢の癒着が強固で内視鏡手術が行えない例を除き,最近では腹腔鏡下胆嚢摘出術が一般的です. 小児期に胆嚢を切除しても,とくに合併症は発生しません.

gall_stone.jpg