現在位置: ホーム / 一般の皆様へ / 小児外科で治療する病気 / 食道 / 胃食道逆流症

胃食道逆流症

 普通の状況では食道から胃に送られた食物がまたもう一度食道に逆流することはあまりありません.正常な場合食道と胃の 間には逆流を防止するうまれつきのしくみができているからです.胃の内容物が食道へ逆流することを胃食道逆流現象と呼んでいます.普通の人でも軽度の逆流 はありますが,特に生まれたばかりの赤ちゃんでは逆流を防止する機構が未熟なために,この現象がよくおこっています.従って,この現象の場合は,その逆流 の程度(一日のなかでどのくらいの時間逆流があるか)が,治療の適応を決めるにあたって重要です.

 食道は食道裂孔という横隔膜に開いている食道の通り道からおなかに入りますが,この孔から胃の一部が横隔膜の上にはみ出してしまった場合( 食道裂孔ヘルニア ),逆流を防ぐしくみが機能しないため,常時逆流が発生する状態となります.

 逆流の回数が多かったり,逆流したものがいつまでも食道の中に残っていたりすると様々な病気の原因となります.病気を引き起こす原因は逆流した胃液(胃 酸)です.胃液は非常に強い塩酸で,食道粘膜は胃の粘膜と違い酸に対する抵抗力が弱いため,胃液にさらされる時間が長くなると炎症を起こし(逆流性食道 炎),ひどくなると炎症の部分に潰瘍ができます.潰瘍ができたり治ったりを繰り返していると,瘢痕という固い組織に変わってしまい,食道の通りが悪くなっ てしまいます( 狭窄 ).食道炎や潰瘍から出血すると貧血になり,蛋白質も失われ栄養不足の状態になります.これらの原因があわさって,成長が遅れることになります.

 逆流した胃の内容物を気管に吸い込んでしまうと,気管支炎や肺炎を起こします.逆流は1日に何十回となく起こっているので,たびたび気管支炎や肺炎にかか ります.大量に吸い込むと窒息してしまうこともあります.もっと恐いのは食道の中に入ってきた塩酸の刺激によって,心臓の拍動が遅くなったり,気管支が縮 んでしまって呼吸が苦しくなったりすることがあることです.これは窒息するほどの大量の逆流でなく,食道の中にとどまる軽い逆流でも起こり,ひどい場合に は心臓の拍動が停止することもあります.

 胃から食道への逆流を防止する働きが十分かどうかは 食道内圧検査 食道透視検査 で判断します.また,逆流がどの程度起こっているかを調べるためには 24時間食道内pH検査 を行います.食道炎・食道潰瘍・食道狭窄の程度を調べるためには 食道内視鏡検査 が必要です.このように様々な検査の組み合わせで逆流が病的なものか,普通の程度なのかを判断します.

 逆流がひどい時には噴門形成術という手術を行います.これは逆流を防ぐしくみを人工的に作ってやる手術で,幾つかの方法があります.赤ちゃんは逆流を防ぐ しくみが未発達なため,おとなよりも逆流し易いのですが,成長に伴ってしだいにこのしくみが出来上がってゆきます.このため,赤ちゃんの場合はすぐに手術 をするのではなく,しくみが完成するのを待ちます.待っている間はできるだけ逆流を少なくするために,粘度を高くした特殊ミルクを少量づつ何度にも分けて 与えたり,食後しばらくの間は身体を立てた状態に保ったりします.そのほか,食道の粘膜を保護したり,胃に溜まっている内容をできるだけ早く十二指腸の方 へ流すなどの目的で何種類かの薬を使用します.このような方法を続けるとかなりな数の赤ちゃんは手術が必要でなくなります.

 胃食道逆流症は気付かれにくい病気で,見逃されていることも多いと思われます.普通よりもよく吐く,風邪をひき易い,喘息のような発作が度々ある,原因の わからない発育障害があるといった場合は,胃食道逆流が背後に隠れている可能性があります.逆流が原因になっているかどうかは24時間食道内pH検査で判 断できるので,小児外科医にご相談ください.