現在位置: ホーム / 一般の皆様へ / 小児外科で治療する病気 / 食道 / 先天性食道狭窄症

先天性食道狭窄症

 

 生まれながらにミルクが食道内をうまく通らない病気には,食道が途中で途切れている先天性食道閉鎖症と,食道が狭くなっている先天性食道狭窄症があります.

 先天性食道狭窄症は非常にまれで,数十万人に一人くらいにしか見られない病気です.食道狭窄の 原因には,生まれつき食道の壁の筋肉が厚いこと,気管の軟骨が食道の壁に入り込んでいること,食道の粘膜が膜のようになっていて食べ物の通り道をふさぐこ と,などがあります.食道の狭くなっている場所は,多くは胃に近い食道の下1/3あたりにあります.ミルクだけを飲んでいる間は症状がなく,離乳食を開始 した頃や,固形物を食べ始める頃に食べ物が狭いところにつかえて,食べ物を飲み込んだときに苦しがる,食べ物や唾を吐く,などの症状が出ることが多いよう です.

 esoph_stricture_1.jpg 診断にはまず食道透視検査が必要です.造影剤はふつう食道内にとどまることなくスムーズに胃へ流れますが,食道に狭窄があると造影剤は食道内にたまります.さらに食道内圧検査を行います.これらは,食道の狭窄のある場所,その長さや範囲,狭窄の形をとらえるために役立つばかりでなく,この病気と似た症状がみられる胃食道逆流症や食道アカラシアと区別をするためにも必要な検査です.

 治療には内視鏡を用いて食道の狭いところを広げる拡張術と,手術によって狭いところを切ってつなぐ方法があります.