呼吸器

嚢胞性肺疾患

 嚢胞性肺疾患は,肺にふくろ様の変化がみられる病気で,生まれつきできる先天性嚢胞性肺疾患と,生まれてからできる後天性嚢胞性肺疾患があります.

先天性嚢胞性肺疾患
 気管支原性嚢胞,肺分画症,先天性嚢胞状腺腫様奇形(CCAM),気管支性嚢胞,気管支閉鎖症などがあります.いずれも肺ができる過程でおきる病気で悪性ではありません.

後天性嚢胞性肺疾患
 繰り返す肺炎(特にぶどう球菌性肺炎)や結核などの炎症,腫瘍、寄生虫などで発生します.

症状
 嚢胞が小さいうちは無症状ですが,嚢胞が大きくなると正常の肺が圧迫されて呼吸がしにくくなります.嚢胞が感染すると,肺炎による発熱,咳,喀痰,呼吸困難などの症状がみられます.また嚢胞が破れると,気胸による咳,胸痛,呼吸困難などの症状がみられます.

治療
 症状のある先天性嚢胞性肺疾患では外科的な治療が必要です.嚢胞の部分をすべて取り去るのが理想的ですが,左右両方の肺に嚢胞ができているときや,片側の 肺でも嚢胞が何箇所にもあるときは,肺を取ったあとに残る肺が働ける力を考えて嚢胞の一部だけを取ることもあります.ただし先天性嚢胞状腺腫様奇形 (CCAM)では,取り残すとあとで癌ができることもあるので,すべてを取ることが多いです.
 無症状の先天性嚢胞の場合,感染を繰り返す可能性と悪性化の可能性を考えて,予防的に切除することが多いのですが,慎重に経過観察するという意見もあります.
 最近では生まれる前に超音波検査で 見つかることもあります.嚢胞が極端に大きいと子宮内死亡に至ることもあります.多くの例では,生後に治療を計画すれば問題ありませんが,生まれてすぐに 嚢胞が大きくなって治療が必要になることもあります.従って,胎児診断された場合には小児外科医のいる周産期センターでの精査をお勧めします.

 肺炎に伴う後天性の肺嚢胞では原則として外科治療は必要ありませんが,悪性腫瘍に伴う嚢胞では専門的な治療が必要になりますので,治療方針を立てるために診断をしっかりつけることが重要です.


肺分画症

 肺分画症とは,正常の空気の通り道と交通のない肺で,肺動脈ではなく大動脈からの血液で栄養される異常な肺のことをいいます.正常の肺の中にあるものを肺 葉内肺分画症,正常の肺とは別個に外にあるものを肺葉外肺分画症とよびます.肺のできる過程でおきた病気で悪性ではありません.

 無症状で,健康診断で撮影されたレントゲン写真で偶然発見されることもありますし,発熱,咳,喀痰,呼吸困難などの肺炎症状で診断されることもあります.

 最近は生まれる前に超音波検査で 見つかることもあります.ほとんどは出生後にきちんと検査してから治療すれば問題ありませんが,胎児の肺葉外肺分画症では胸水が大量に貯留し,胎児治療が 必要になることもあります.また,病変が大きい場合には産まれてすぐに治療が必要になることもありますので,胎児診断された場合には小児外科医のいる周産 期センターでの精査をお勧めします.

 治療は外科的切除です.肺葉内肺分画症では,病気の部分の肺を含む肺葉を取ります.肺葉外肺分画症では病気の部分の肺だけを取ります.肺炎を合併しているときは,まず抗生剤による治療を先に行い,感染をコントロールしてから手術を行います.


先天性気管狭窄症

 生まれつき気管が細い( 狭窄 )病気を先天性気管狭窄症と呼んでいます.医学が進歩した現在でも治すことが難しい病気の1つにあげられております.

 正常の 気管 は全周の80%の気管軟骨と20%の膜様部と呼ばれる薄い膜で出来ておりますが,この病気の大部分は膜が欠如しており,軟骨が気管の全周を占めておりま す.気管は空気の出し入れを行う道に相当します.正常の気管は首を動かしても軟骨の輪を繋いでいる膜がジャバラとして働き,空気の出し入れが邪魔されるこ とはありません.また大きな呼吸をすると膜様 部が延び気管の内腔を大きく開き,空気の出し入れを容易にします.先天性気管狭窄症ではこれらの働きが大なり小なり障害されます.

 狭窄の程度や狭窄の長さ,また気管のどこの部位に狭窄が起きるかによって病気の発生時期や重症度が変わってきます.内腔が極端に細い場合には生まれて間も なく生じる呼吸困難のために発見されますが,内腔が半分位ある場合には1歳を過ぎてから見つかることもあり、また狭窄の程度が軽度であれば無症状に推移す ることもあります.多くの場合この病気は呼吸困難や呼吸時にゼーゼー音がするために、時には突然呼吸困難に陥り,気管内にチューブを入れようとして入らな いために生後比較的早い時期に見つかります.

 狭窄の形と狭窄の長さは様々で ,狭窄の長さは気管の20~30%程度から気管全体が細い場合もあります.狭窄の長さと狭窄のある部位は治療方法を決めるときに重要になります.狭窄の長さが長いほど,狭窄の部位が気管の下にあるほど病気の程度は重いと考えられております.

 診断はレントゲン検査やその他の画像検査を行いますが,血管造影や内視鏡などの特殊な検査方法も必要なことがあります。また他の病気を伴っていることもありますので、この場合には他の検査が必要になります。

 狭窄の長さがごく限られている時には,細い気管を切除し,上下の気管を縫い合わせますが,狭窄が長くなりますと,治療方法も変わってきます.現在,小児外 科学会でもいろいろ討議されており,もっとも良い治療方法について検討されている段階です.このようにこの病気は最近ようやく診断され,治療が始まった病 気ですので,まだ解明されていない点もあります.主治医と十分ご相談されることをお勧めします.


気管・気管支軟化症

 気管・気管支軟化症は,息を吐いたときに気管や気管支の断面が扁平となり,内腔が狭くなる病気です.原因は気管支の近くにある大きな血管(大動脈)による圧迫や,気管の壁の中の軟骨がもろく弱いため,あるいは気管の発育異常によるものです.先天性食道閉鎖症の約10%に治療を必要とする気管軟化症が合併します.

 主な症状は,犬が吠えるような咳(犬吠様咳嗽),息を吐くときや泣いたとき,ミルクを飲むときにのどがゴロゴロ鳴ったりします.また,繰り返す肺炎をきた すこともあります.気管軟化症では胸部X線の側面像で気管が扁平に見えることがあります.最終的な診断はシネトラキオグラフィー(安静呼吸時の気管の内径 の変化から診断する方法)や,気管支鏡検査によって行います.気管の外からの圧迫が疑われるときは,造影CT大動脈造影を行うこともあります.

 治療はおもに 理学療法や 感染対策などの内科的な治療を行い,多くは2歳頃までに症状が徐々に軽快します.しかし,生命の危険があるときや,人工呼吸器の助けが長期にわたって必要 なときは手術を考慮します.気管軟化症に対する手術は,圧迫している大動脈を前方に引っ張って気管の内腔を広げることを目的にした大動脈胸骨固定術が行わ れます.気管支軟化症に対する手術には,扁平化して狭くなっている気管支の一部を切り取って気管とつなぎ合わせる方法,気管支の外側をステントという強度 のある円筒で支える外ステント術,あるいは内視鏡を使って気管内にステントを挿入する方法があります.


異物の誤嚥・誤飲

 はいはいを始めたばかりの赤ちゃんから,2~3歳までの幼児は目にするものすべてが珍しく,口に入れてその性質を知ろうとします.このため,とんでもない 物を飲み込んだり,吸い込んだりしてしまいます.硬貨,マチ針,プラスチックの小物,ピンなどがよく誤飲されます.硬貨など鋭い縁がないものは待っていれ ば数日のうちに便と一緒に排出されます.しかし、食道の途中に引っかかっているときは,食道の壁に孔が開く( 穿孔 )ことがあるので,早めに取り出さなけれぱなりません.針やくぎなどのとがった物は,胃や腸の壁を傷つけることがあるので,すぐに医師に相談してください.胃の中にあれば,取り出す手段はいろいろあります.

 新しいアルカリ電池は胃の中にあると放電がおこり,胃液に含まれている塩酸の作用で包んでいる金属が破れて強アルカリの中身が出てきて胃の粘膜を損傷し, ひどい場合は孔をあけることがあり大変危険です.しかし,使い古して放電してしまっている電池はこのような危険はありません.胃の中にあれば強力な磁石で 取り出せることもあります. リチウム電池 は放電によってアルカリ性の液ができるため,短時間のうちに消化管の粘膜を傷つけます.アルカリ電池よりも危険なため,急いでとり出す必要があります.

 ピーナツや豆類を気管の中に吸い込んだときも危険です.豆類は気管支の中で水分を吸収して大きくなり,気管支をふさいでしまいます.そのうえ,ピーナツに 含まれている油成分が肺を刺激して肺炎を起こすといわれており,早急に取り出す必要があります.このときは麻酔をかけながら気管の中で操作ができる特殊な 気管支鏡が必要です.豆類を食べている時に転んだりしてびっくりした時に吸い込むことが多いようです.食べながら遊ぶ習慣をつけないよう注意して下さい.

 たばこは食べにくく,たばこそのものを大量に飲み込むことはほとんどありません.危険なのは,吸いがらを浸した水を飲むことで,ニコチンが溶け込んでいる ので,このときは緊急に胃洗浄などの処置が必要になります.一番いいのはこどもの周囲にたばこを置かないことで,お母さんは妊娠がわかったら禁煙しましょ う.お父さんも妊娠がわかったら禁煙を考えてください.少なくともこどもが産まれたらこどもと同じ部屋ではたばこはやめましょう.たばこの害は誤飲だけで はありません.

 こどもがはいはいを始めたら,こどもの口に入りそうなもの,こどもが興味を示しそうなものは手の届かないところに片づける手間を惜しまないようにしてください.