現在位置: ホーム / 専門医制度・年次報告 / 専門医・指導医・施設認定申請書(新規・更新)および 認定施設年次報告書 / 2019年度 認定施設および教育関連施設 施設認定・年次報告について

2019年度 認定施設および教育関連施設 施設認定・年次報告について

 

日本小児外科学会 認定施設および教育関連施設 施設認定・年次報告について

 

昨年の評議員会で新たな専門医制度規則・施行細則等が承認され、既に認定を受けている施設を含め、すべての認定施設と教育関連施設で、施設認定のための新規申請書の提出が必要となりました。

新設される教育関連施設Bに申請する施設も申請書類の提出が必要です。

これら施設認定の書類は、2019531までに申請書類を提出してください。

申請の際、使用していただく新しい施設認定申請書の書式は、以下よりダウンロードしてご記入ください。

認定施設新規申請書

教育関連施設新規申請書

(既に認定されている施設の認定期間は、そのまま継続となりますので、更新の審査料と登録料は必要ありません。ただし、本年が更新年の場合は、審査料と登録料の支払いが必要です。新規申請は、新規審査料と登録料が必要となります。)

 

また、2019年より日本小児外科学会事務局の会員管理システムが、新たなシステムへと変更されております。これに伴い、年次報告書のシステムも改修を行いました。

2018年の年次報告書類は、2019531までに提出してください。
なお、以下にも説明がありますが、NCD登録症例の年次報告集計前に入力される場合は、現時点で把握されている症例数等、仮の数字を一旦入力いただき、「確認」ボタンをクリックして確認画面に進み、「保存」ボタンをクリックして一時保存をお願いいたします。NCDの年次報告システムがリリースされましたら、改めて施設責任者の方にその旨お知らせいたします。

新たな年次報告オンライン申請の手続方法については以下の通りになります。

①以下のボタンよりログインをしてください。
ログイン方法は従前と同じですが、各認定施設代表責任者の方へ通知しております各施設ごとのIDとパスワードをご入力の上(個人の会員IDとパスワードではありませんのでご注意ください)、ログインをお願いします。
なお、「パスワード問い合わせ」は利用できませんので、不明な場合は事務局にお問い合わせ下さい。

 

年次報告バナー

 

②メニュー画面より「年次報告申請」を選択してください。次に画面上部タブより「2018年度」を選択の上、新規申請ボタンを押してください。

③各項目を入力してください。基本的な操作は従来と同じですが、専門医制度諸規則の改正により、「研修医」→「専門研修医」、「専攻」→「兼任」など用語が変更されている部分があります。説明・注釈部分をご確認の上、入力してください。

④勤務外科医師情報に「専門研修医登録番号」の欄がありますが、本年度は運用が保留となっておりますので、専門研修医を入力する際には、この欄は空白で差し支えありません。

勤務外科医師情報の説明部分に、教育関連施設には専門医常勤ないし非常勤が必要との旨記載がありますが、こちらは本年度からの運用となりますので、今回の2018年度報告においては、必ずしも専門医の入力がなくても差し支えありません。

⑥症例総括は、NCD登録症例の年次報告集計が完了いたしましたら、転記いただくことになります。それ以前に年次報告書を入力される場合は、現時点で把握されている症例数等、仮の数字を一旦入力いただき、「確認」ボタンをクリックして確認画面に進み、「保存」ボタンをクリックして一時保存をお願いいたします。
なお、「申請」ボタンをクリックしない限りは、ログインすれば何度でも修正が可能です。

⑦その後、NCDの年次報告集計が完了いたしましたら、確定した症例数に修正いただき、同様に確認画面から「申請」ボタンを押してください。

 

なお、専門医, 認定登録医, 指導医の個人資格の新規・更新申請は、例年通り2019831までに申請してください。

これらの個人資格申請システムについても現在改修を行っておりますが、7月頃に改めてご案内予定となっております。

 

 

日本小児外科学会 専門医制度委員会

施設認定委員会    委員長 米田光宏

専門医認定委員会   委員長 小野 滋

専門医制度庶務委員会 委員長 古村 眞

 

【本件に関するお問い合わせ先】

一般社団法人 日本小児外科学会事務局

〒112-0012東京都文京区大塚5-3-13-4F

一般社団法人学会支援機構内

TEL03-5981-6019 / FAX03-5981-6012

E-mail jsps@asas-mail.jp